クレジットカードの審査に落ちる主な原因のまとめ3選

標準

各種クレジットカードには、魅力的な特典が豊富に用意されています。しかし、期待に反して、審査落ちする人もいます。その原因は何なのでしょうか?
まず、過去に滞納歴があると審査で落ちやすいです。もちろん、滞納した履歴があるからといって、クレジットカードを永久に持てないわけではありません。カード会社によりますが、一定期間過ぎると審査に通るようになります。光熱費やスマートフォンなど、うっかり残高が不足していたばかりに、クレジットカードの発行が見送りになるのは勿体ないので、滞納には気をつけるのが基本です。
また、申し込み内容に不備があると、発行が見送られるケースもあります。当然、後日、記入ミスに関して、カード会社から確認の電話が届きます。このさいに、タイミング悪く電話に出られず、さらに、自分からの折り返しの電話をしないでいると発行されません。クレジットカードではキャッシングができるなどにより、法律の規制が厳しいことは案外知られていません。法律の要件を満たしていないと、カード会社はカード利用希望者にクレジットカードを発行できません。
最後に、グレードの高いクレジットカードも審査に通りづらいです。高級百貨店などで使えるクレジットカードでは、それ相応に審査が厳しくなります。全てのクレジットカードで、同じ条件で審査しているわけではありません。種類にこだわりがなく、クレジットカードをどうしても保有したいのなら、単価の低いスーパーやデパートなどで申し込むと審査に通過しやすいです。