お金を借りる事は自覚を持つ事が大事

標準

お金を借りる事は、自覚を持つ事が大事になってきます。お金を借りる場合は、返済しなければいけないです。もし返済を怠ってしまう事があると、借りた側からの信用をなくす可能性があります。
友達であれば、縁を切られる可能性がありますし、金融業者ですとあなたの信用情報にキズがついてしまって、他の金融業者から借りる時にも影響してきます。
もちろん、迷惑をかけてしまう事にもなってきます。このようにさまざまな問題点がありますので、自覚を持ってきちんと返済していく事が大事になってきます。それだけお金を借りる事というのは重大な事になってきます。
もし、返済する自覚があまりないのであれば、人からお金を借りる事がないようにします。そのほうが自分のためになってきます。きちんと返済する自覚をもった時に、お金を借りるようにしていきます。
基本的に、分割払いの事が多いですけど、毎月の返済というのは高くない事が多いです。ですので、きちんと計画的に返済していく事によって延滞を未然に防ぐ事ができます。
以上のように、お金を借りる時には、返済する自覚が必要になってきますので、その点を強く意識して、借りるようにしていきます。それがあなたにとってプラスになってきます。
急にお金が必要

クレジットカードの審査に落ちる主な原因のまとめ3選

標準

各種クレジットカードには、魅力的な特典が豊富に用意されています。しかし、期待に反して、審査落ちする人もいます。その原因は何なのでしょうか?
まず、過去に滞納歴があると審査で落ちやすいです。もちろん、滞納した履歴があるからといって、クレジットカードを永久に持てないわけではありません。カード会社によりますが、一定期間過ぎると審査に通るようになります。光熱費やスマートフォンなど、うっかり残高が不足していたばかりに、クレジットカードの発行が見送りになるのは勿体ないので、滞納には気をつけるのが基本です。
また、申し込み内容に不備があると、発行が見送られるケースもあります。当然、後日、記入ミスに関して、カード会社から確認の電話が届きます。このさいに、タイミング悪く電話に出られず、さらに、自分からの折り返しの電話をしないでいると発行されません。クレジットカードではキャッシングができるなどにより、法律の規制が厳しいことは案外知られていません。法律の要件を満たしていないと、カード会社はカード利用希望者にクレジットカードを発行できません。
最後に、グレードの高いクレジットカードも審査に通りづらいです。高級百貨店などで使えるクレジットカードでは、それ相応に審査が厳しくなります。全てのクレジットカードで、同じ条件で審査しているわけではありません。種類にこだわりがなく、クレジットカードをどうしても保有したいのなら、単価の低いスーパーやデパートなどで申し込むと審査に通過しやすいです。

通信費やコンタクトレンズ代、毎月クレジットでポイントがコツコツたまる

標準

私は学生で、毎月の携帯電話とポケットWiFi、定期的に購入するコンタクトレンズと美容院代をクレジットで払っています。
もともとクレジットは海外旅行用に作ったのですが、「むやみに使うと支払いができなくなってしまうのではないか」とほとんど手を付けていませんでした。しかし、クレジットカードで支払いをするとポイントがついてきたり、キャッシュバックがあったりと現金よりお得になることがわかりました。そこで、毎月決まった額だけ支払う通信代をクレジット払いに変更しました。
メインのお給料をもらう口座とは別にクレジット用の口座を作り、携帯電話とWi-Fiの料金を合わせて1万円分、毎月お給料日に預け入れします。この口座は原則引き出したりせず、毎月クレジットで支払う分だけ、いれておきます。こうすることでむやみな使い過ぎを防ぎ、かつ毎月確実にクレジットカードの恩恵を受けることができます。
この方法を試してから毎月ポイントがたまるようになり、それをネットショッピングに使って支出を減らすことができました。はじめはクレジットカードの請求が怖いと感じていましたが、あらかじめ金額分口座に入れてあるので、現金で払っているのと同じような感覚で使えるようになりました。
http://www.redcrossvtnhuv.org/